地球上のすべての動植物が元気に生活するために欠かせない生命エネルギーは
ATP(アデノシン三リン酸)という物質です。 ATPは、体内の細胞の中にあるミトコンドリアという生命エネルギーの製造工場で常に作られています。ただ、年齢を重ねていくと体内の細胞が減少しミトコンドリアの数が減少します。エネルギーの製造工場が減ってしまうので、生命エネルギーのATP自体も少なくなってしまい、老化とともに体力が低下してくるのです。

そこでマイナス水素イオンが大活躍します。マイナス水素イオンは、ミトコンドリアをより活発にし、ATPをより活発に機能させるので、たとえ老化によってミトコンドリアが減少してもそれを補えるほどの生命エネルギーを作ることができるようになると言われています。生命エネルギーが効率的に作られると、疲れや老化の改善や、運動能力が向上します。
また、代謝が促進されるので、ダイエットにも効果的と言えます。